日本食肉輸出入協会 Japan Meat Traders Association JMTA
ホーム
組織概要
お問合せ
ホーム
組織概要
お問合せ
 
  日本食肉輸出入協会は、食肉輸出入事業の円滑な遂行を図り、安全な食肉の安定供給を通じて国民の食生活の向上に寄与貢献することを目的としております。
新着情報

 日本食肉輸出入協会は1994年(平成6年)に設立された食肉の輸出入業務を行う商社等をメンバーとする任意団体です。

(設立までの経緯)
 当協会の前身は牛肉の輸入割当制度の実施ともに1957年(昭和32年)に設立された食肉輸入商社協議会(通称「商協」という。)です。その後、1978年(昭和53年)には豚肉、鶏肉等の自由化品目を取り扱うAA食肉協議会(通称「AA食肉」という。)が設立されました。

 
商協は平成元年に一旦解散し、同年に日本牛肉輸出入協会が設立され業務を引き継ぎました。また豚肉、鶏肉等を扱うAA食肉も牛肉が輸入自由化となった1991年(平成3年)に食肉輸出入協議会と名称を変更し、その後我が国唯一の総合食肉商社団体を求める声から1994年(平成6年)9月に日本牛肉輸出入協会と統合し、新たに日本食肉輸出入協会として現在に至っております。

 当協会は、食肉の貿易業務を行なう商社等の団体で現在、会員は総合商社、専門商社等29社ですが、他に通関業等の賛助会員が2社です。